竹井ようこ公式ホームページ
プロフィール
子育てナンバーワンの街へ
『竹井ようこ』は、会社員として働きながら、現在大学生の2人の子どもを育てました。
この経験を活かして、「待機児童ゼロ」の実現・継続はもとより、家庭環境に関わりなく教育を受けられる機会の提供、教育現場の改善などに取り組み、子育て世代を応援します。

少子化対策は、ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)なくして成り立ちません。『竹井ようこ』は、結婚・出産と仕事の両立、不妊治療支援、男性の育児参加促進などを通じ、働く人々のワーク・ライフ・バランス実現をめざします。

東京オリンピックは、子どもたちにとって世界に羽ばたく大きなチャンスです。『竹井ようこ』は、英語教育の充実をはじめ、グローバル時代に対応した人材育成を追求します。また、時代を担う若者が活躍できる場を拡大させることで、若い世代がずっと住み続けたいと思えるような、活気あふれる小平をめざします。

『竹井ようこ』は、高齢者や障害者を孤独にしないまちづくりに取り組みます。
また、「全ての人に『居場所』と『出番』を!」そんな思いで居場所・出番作りをバックアップしていきます。

子育て、人材育成、地域活性化、介護、防災・・・情報通信技術(ICT)には、あらゆるシーンで無限の利用価値があります。ICT企業での勤務経験を活かし、最先端ICTで人と人をつなぎ、育て、守ることをめざします。
Copyright(C) Yoko Takei.All Rights Reserved.